パソコンに写真を取り込んでいないので、様子を写したものがないので
なんとなく記録にと^^;

岡山城を後にして向かったのが、備中高松城跡
昨年、NHKの大河ドラマの主人公だった黒田官兵衛が
水攻めで落とした場所であります
今は、何もない場所ではありますが、公園となっています

説明のVTRをみせてくれる場所があります
確か、世界で唯一水攻めが成功したと言っていたような気がします
この時、本能寺の変により信長が亡くなったことを伏せられたまま水攻めが行われ
城主は、自分の命と引き換えに部下を救ったと言います
もしも、秀吉が亡くなっていたことが知られていたら・・
歴史は、また違ったものになったかもしれないとVTRは語ってました

その後に向かったのが、話題の天空の城「備中松山城」
新しくなったスマホの優秀さでこんな画像が撮れました^^v
ちょっと解りずらいですよね?
ここ、天空の城を見るためのスポットなんですけど
猿に注意という看板がありました(笑)
雲海が少しだけ見られたのも運転手さんが気転をきかせて連れてきてくれたから^^




お昼は、運転手さんお薦めのお蕎麦屋さんがあったのですが
タイミングあわず、ただいま仕込中となってしまい
蕎麦を打つのに数十分かかるというので、お隣の讃岐うどんのお店でお昼を

そして向かったのが、先ほど眺めた備中松山城です
ここは、江戸時代以前の天守閣が現存する唯一のお城であり
日本三大山城に数えられるのそうで
国の重要文化財で、現存天守を持つ山城としては最も高い所にあるのだとか
詳しくは、デジタル朝日
デジタル朝日の中で書かれていますが
山頂の天守閣は標高約430m。城下から高さが300m以上
ま~これが大変だった!!
山をの登る入口までは、バスで移動するのですが、それからがこれ



↑これだと解りずらいと思いますが、この日、雨のおかげで人も少なかったのですが
行きかう人々が、皆、励まし合うぐらいの道のりです
登りは、20分~30分近くかかったでしょうか?
帰りは、少し楽でしたけど、雨が降っていると滑るので大変です

石垣は、立派



さて、目的の場所が見えてきました
雨が降り、霧がかかっているのが、また風情があって良いですね^^
え~中に入ると、何もないので、この姿をみるのが一番良いのかと

VTRが見られる場所もありましたよ



写真だと伝わりずらいと思いますが、落ち葉のじゅうたんがとても綺麗でした


ま~ほんとに、よくこんな場所に築城したものだと思わずにはいられません
そして、入場券を切るおじ様が、毎日ここまで登ってこられることも
頭が下がります
体調が良くない時は、自分のお弁当さえも重たく感じることがあると
おっしゃっていました
私たち以上にお歳の方でしたので、いつまでもお元気で山を登られ
ますように^^

ちなみに、この辺りは、冬は雪も降るそうで、雪が多い日には、
入山が出来ないとのことでした
猿がでるようで、夜は、電気線が作動しているようでしたよ

数百年前に思いをはせて・・

余談ですが
観光タクシーなので、運転手さんも案内で一緒に登って頂きます
私たちは、秋だから良かったですけど、真夏の35度になるような気温の時に
こんな場所にくるのって・・・大変ですね~^^;






関連記事
Secret