=  アメリカンスナイパー  =
 

監督 ・・ クリント・イーストウッド

ブラッドリー・クーパー   シエナ・ミラー

あめ 




この映画は、実際にイラク戦争に4度遠征した伝説のスナイパー
クリス・カイルの半生を描いたもので
アメリカ軍史上最多160人以上を射殺し、除隊後はPTSD(心的外傷後ストレス障害)
悩まされつつも、家族の支えの元、その障害に向き合い
最後は、同じPDSD患者によって殺されてしまうという映画です

実は、この映画の内容を全くしらないまま見に行ったので
事実を元にした映画だということを最後の最後まで知らないまま見ました
映画ではあるものの
描かれている内容は、それが映画的に描かれていようがいまいが
戦争という悲劇と、精神的にさいなまれている人が今でも多くいるということを
あらためて知ることとなりました
ただ、PDSDにとなっていく過程が、思っていたよりも浅かったので
そこが最後、淡々と終わってしまった感があったのが残念だったようにも思います
淡々と終わってしまったからこそ、最後、無言のまま流れるシーンは
なんとも言えないものがあったのも事実です
正直、終わってからショックも大きくて、家に帰るまで少し時間がかかりました
それだけ、内容が衝撃的だというのもあったのだと思います
味方を守るために、相手を殺すということの正当性、葛藤・・
子供まで殺さなくてはいけない場面・・
自分の子供と重なり、どれだけの多くの人が悩み苦しんでいるのでしょう

今も地球上でおこっているこの事実を客観視した時
自分の日常である「普通・平凡」ということがどれだけ幸せなのか
そう考えた映画でもありました
関連記事
Secret