DJ古家と行く
「慶弔北道(慶州・安東)・忠清北道(丹陽)・ソウル」韓国4日間の旅

2013年10月24日(木)~10月27日(日)/3泊4日

<2日目2>

2日目朝
一つ目の観光は、世界遺産でございます

『 石窟庵(석굴암) 』

石窟庵(ソックラム)は 吐含山に位置する韓国の代表的な石窟寺刹です
国宝 第24号に指定された石窟庵の正式名称は石窟庵石窟です
1995年 ユネスコにより世界文化遺産に指定された花崗岩で作られた
人工石窟寺院です
新羅( 57 B.C.~A.D. 935) 751年景德王(在位 742∼765)に
金大城( 700~774)が作り始め24年かかって774年
惠恭王( 在位 765∼780)の時に完成させました。 
                                              韓国観光公社より引用させて頂きました
    
 
詳しくは、釜山ナビ

秋の空~な雲ですね^^

DSC06562 (640x480) DSC06564 (640x480)




よくみると、この石碑の右後ろ、ごちゃごちゃおいてますね~
ありがたみが半減(笑)

DSC06566 (640x480) 

はい、このツアーお約束?
お散歩でございます
これがま~思っていたよりも歩く歩く^^;
しかも、この左側解ります?崖ですよ!崖~
でも、柵とかいっさいないの!
日本なら絶対ありそうだけど・・
でも、正直、こういう場所に柵無い方が景観的にも良いと^^

DSC06567 (640x480)  DSC06572 (640x480)


途中、ベンチもあるくらいなので、どれだけ歩くか
ちょっと解って頂けたでしょうか?ㅋㅋㅋ

DSC06573 (640x480) 

さて、漸く目的地に到着です
入口から10分ちょっと歩いています
多少、だらだら歩いていますが、それでも10以上歩くって中々です^^;
現在、改修工事中ということで、外からの景観はちょっと残念ですが 
この囲いがない様子がコネストにありました
DSC06574 (640x480) DSC06575 (640x480)  DSC06578 (640x480) 


中がどのようになっているかをこの図で知ることが出来ます
上でリンク貼った釜山ナビを見るとよりわかりやすいかと思います
現在、ガラス越しにしか見学が出来ず、中の写真撮影も出来ないので
雰囲気は、こちらとコネスの写真で感じて下さい
コネストの写真には、釈迦如来坐像を見ることが出来ます
この如来様、こちら側から見て遠近がある場所で大きさを変えて作られて
いるのだそうです
手の大きさは、小さく作られ、頭は、遠いので大きく作られているそうです
蓮の花の大きさも違うのだそうです

石の間に木を挟み水分(湿気)と温度調整をしていたそうですが
修復しようとして、修復できなくなり、人工的に温度調節をしているそうです
サイトにより書き方が違いますが
原因を読むとちょっと気持ちが痛いです・・

この如来様 東を向いていらっしゃるのだとか
日本から守る!という意味があるのだそうです
 
DSC06579 (640x480)


DSC06581 (640x480) DSC06583 (640x480) DSC06586 (640x480)

下に降りるのも一苦労^^;
DSC06588 (640x480) 


DSC06592 (640x480) 

「福田函」というのが、ありました
何??と思ったら、日本でいうとこのお賽銭箱なんですって^^

そうそう、なんでこのおじさんの写真撮ったんだろう??って考えていたら
なんとなく思い出したことが・・
このおじさん、この中身確かこの右側の崖に捨てたんだったと( ´艸`)
DSC06594 (640x480) DSC06595 (640x480)


はい、見て下さい!このバスの数~
韓国の修学旅行生も多かったようなんですが
東南アジアの観光客も多かったんですよ
DSC06600 (640x480)

トイレの前の注意事項~
しかも、元は、タクシー乗り場か何かの看板に張り紙してあるという(笑)
そして、なぜに♡??(笑)
注意事項は、こう書いています「靴をはたいて下さい」
いわゆる、泥を落として入って下さいってことかな?

韓国観光公社のHPを見ると2014年には、修復工事も終わるとのこと
今年の秋には、素敵な紅葉とともに楽しめそうですね^^

DSC06601 (640x480) 

そうそう、ここでバスに乗ってから古家さん待ちとなりました
なんでも、この時間に韓国のテレビ?ラジオ?
生放送に電話出演だったそうで
しかも、この日の前日に突然電話がきての出演依頼だったとか
さすが韓国^^;
でね、その生放送中に古家さん日本の方に声かけられたんですって^^;
携帯での生放送中だったので、そのようには見えなかったんでしょうねね~
「すみません、生放送中ですから・・」ってやんわり言ったみたいなんですけど
去り際の一言が・・・^^; ちょっとお気の毒な言葉を頂いちゃったみたいです
どなたか、この日、古家さんが冷たかったの~と思った方
聞いた方、事情説明してあげて下さいね~ㅋㅋㅋ
でもって古家さん、この後、出来るだけ人に会わないように
周りの声が聴こえないようにさけて森の中??に行ったら
結構下まで行っちゃったみたいで、遅くなってしまったみたいです
ま~そんなことも、この旅にとっては、楽しいハプニングの一つですから^^


関連記事
Secret