上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.06.06 久しぶりに
すっかりご無沙汰してすみません
色々と悲しいことが続きまして、パソコンを立ち上げる気分になれず・・
おまけに月末で、仕事も忙しいのと気忙しいのと
ショックなことも重なりで、一週間が長すぎました・・

さて、そんなこんなの間でしたが、
ボチボチと更新していこうと思います^^

更新していない間もいつも遊びにきて頂く皆さんに感謝を(^○^)



もう、1か月ぐらい前のことになるでしょうか??
録画されていた歌番組にCNBLUEが出演していました
これ、面白かったな~ジョンヒョン
女の人が、ば~ってしゃべった後に手あげて
今更ですけど、早口でなんて話しているのか良く解りません・・
みたいな発言してたの(笑)
この時の歌がとっても印象的でした『Blind Love』
メロディーラインが、とても耳に残りました
ヨンファの歌声は、歌い方も含めてとても特徴的で耳に残るけど
他のメンバーもとても良い声してるし魅力的ですよね
ヨンファから他の人にマイクが移っても失望感がない( ´艸`)
ほら、たまにあるでしょ?
ボーカル変わるから上手いのか?と思いきや、ずっこける感
でも、CNの場合は、それがなく、逆にそこが魅力につながる感じも
あるのかな??と^^
それぞれの魅力的な声を生かしている感じ?
今回のジョンヒョンの声、正直、もっと聴きたいと思ったぐらい^^;
『Blind Love』officialよりお借りしました


コンサートチケットは、相変わらず争奪戦のようですよね
彼らの曲は、私的に好きな曲とそうじゃない曲がわりとはっきり分かれる
感じがしますが、トータル好きなグループです^^




チョー・ヨンピルといえば、釜山港へ帰れで有名ですよね?
というか、それしか知らない^^;
日本では、すっかり演歌のジャンルの方ですけど
韓国では、ロック歌手だということを古家さんのラジオで知りました(笑)
この歌を聴いて、衝撃的・・さすが、チョーヨンピル先生!!
そんな感じの後輩歌手の感想なんかもあったようですが
はい、衝撃的でした!!!MVが!!!←そこ?(笑)
だってね、なんで、こんな仕上がりになってるの??と素直な感想
当然のごとく、本人出てくるか
もしくは、普通に韓国で撮影とか思い込んでいましたから
へ???と面喰いました
内容も、なんだか良く解らない感じで
ん~なんで???って感じです
でも、歌は、良いですよね~
軽快で、耳になじむメロディー

HelloKBSworldよりお借りしました


あっ失礼、活動曲、一曲目は、こちらでしたね^^?
바운스(Bounce)Choyongpilofficialよりお借りしました

どちらも、今まで「釜山港」のイメージしか無かった私に
良い意味で衝撃的であり、この方の凄さを知った2曲でした
さすが「先生」と言われる方ですね^^
どちらかの曲は、日本語でも発売されると聞きました
覚えてみます??
と、誰かに問いかけてみると( ´艸`)

それと、先週アップされたもう1曲
こちらは、バラード??です
こちらも、中々素敵な曲でしたよ~俳優のあの方がMVに出演しています
MVの王道?って感じで、ストーリーがありつつ、ご本人様がちらっちらっと
出演しています
この歌聴きながら、なぜかwill君にこの歌、どこかで歌ってくれないかな~と
ふと思った1曲でもありました
なんか、この曲の雰囲気、似合いそうじゃないですか?
で、ふと検索してみたらこの曲『걷고 싶다(Walking along) 』の作詞が
김이나さんでした
will君のアルバムにも参加している作詞家さんですね~
まさか、こんな所でつながっていたとは・・
普段、自分から中々検索しない私
何かが、そうさせたんですね~たまにこういう時があります^^;
作曲は、MGRという人?のようでソンギョンの희재やイ・スヨンの라라라
あと、古家さんのラジオの古いリスナーさんならご存知の
懐かしのLeedsの그댄 행복에 살텐데を作曲していました
懐かしくて思わずツベで検索してフルで聴いちゃったぐらい^^
上位に出てくるので、有名なのは、私の解るのは、こんな感じ
下の方にも沢山ありましたけど
チョーヨンピルの今回のアルバムに2曲作曲で関わっているようで
この二曲がMGRの作曲した曲の中での人気曲1位・2位となっていましたよ


『걷고 싶다(Walking along) 』Choyongpilofficialよりお借りしました


と、書きだしたときには、まさかチョーヨンピルの曲を3曲もアップするとは
思いもしませんでしたが(笑)
意外なつながりも解ったりして、楽しくもありました

検索してて、こんなタイトルがありました
「PSY新曲、母国チャートでチョー・ヨンピルに屈す」
記事はこちら
屈っすも何もね~・・以下、自粛(笑)

チョーヨンピルの今回のアルバム
発売日に鍾路の永豊文庫にアルバムを求める人の長蛇の列の写真を見ました
コンサートの時の列のように凄いことになっていたのですが
記事では500人となっていましたが
韓国記事にありがちな数字の増しも、ある意味納得出来ちゃうぐらいの列で
それを対応したCDショップを考えると、想像しただけで凄かっただろな~と
そんなことを思ったりもしました^^;
関連記事
Secret

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。