上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.09.30 Documentary
秦基博くんのCD買いました(日本人のCD買うのは二年ぶりかも?)
きっかけは、CSチャンネルで平泉のライブを見たから…
前々から好きな声ではあったけど、きちんと聴いたのは初めて
疲れていた時にす~っと自然に受け入れることが出来た歌声でした
見た目にも癒し系だけど、アコギ?一本と歌だけのほんとにシンプルな曲から始まり
少しずつバンドメンバーが加わり盛り上がっていく様は、テレビではあったけど
少しの間、会場の空気感が伝わる素敵なステージでした

中々機会が無くてコンサートも行くことができなかったけど
この放送のおかげで秦君のインタビューも少し見れてじっくり歌を聴いてみたくなったんです
秦くん大好きなお友達にオススメの一枚を聴いて買ったのがこちら
【Documentary】
お友達に聞いて正解!というぐらい今の私には、しっくりくる一枚でした
日本語の歌は、意味が解ってしまうから、疲れているときに聴くには面倒と思うのに
日本語がうるさくなく受け止めることができました。
それは、秦くんの声のマジックなのか、詩の世界観がそうさせるのか…
どの曲もどれも飛ばすことなく(笑)聴きたいと思う一枚です
しばらくは、リピしそうです
どこか哀愁ある声も秋にピッタリかも♡

スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。